任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】

ジャッジガベル

弁護士料金が気になる

任意整理の手続きには着手金や減額報酬といった費用が1社ごとにかかります。少しでも費用を抑えるためには、弁護士事務所ごとに料金体系を比較します。相談料は無料か、複数社から借りている場合は着手金が割引になるかなどです。

六法全書

減額にはお金がかかる

弁護士に任意整理を依頼すると費用がかかります。収入が少なく相談費用も払うのが困難、そういった方は法テラスの民事法律扶助制度を利用することで、一部費用補助をしてもらえます。早めに相談し、借金負担を軽減していくと良いでしょう。

スーツの女性

弁護士による無料相談

任意整理など借金問題に関する弁護士の楚弾は、多くの法律事務所で費用無料で行っています。どこまで無料かは各事務所異なりますが、概算でもいいのでどれぐらい減額できるかシミュレーションをしてくれるところがよいです。

説明

無料相談を活用しよう

任意整理は自分で行えば費用の負担も少ないですが、相手方が必ずしも応じてくれるとは限りません。解決が難しいと感じた場合は早めに専門家に依頼することがおすすめです。費用としては着手金や成功・減額報酬などが発生します。

握手

弁護士によって違いがある

任意整理を弁護士に依頼した際にの費用は依頼する弁護士や現在の借金の総額のよって変化します。一般的な金額の目安は、着手金がおよそ2万〜5万円、報酬金が約2万〜5万円となっています。さらに、借金の減額に成功した額の1割〜2割を支払います。

借金を減らしたい

弁護士

事務所ごとに料金が違う

生活が苦しくて借金を減らしたい、返済が遅れがちで申し訳ないと思っているが金融業者からの督促電話が精神的なストレスになっている、そういった時には弁護士に任意整理の依頼をすることです。任意整理を依頼することによって、金融業者からの督促をストップさせることができます。借金を減額させ、毎月無理のない返済ができるように金融業者と交渉してくれます。手続きに必要な書類を金融業者から取り寄せたり、書類の作成は代行してもらうことができます。以上のようなメリットがあります。ただ、弁護士に依頼をすると費用がかかります。任意整理でかかる費用としては、相談料、着手金、減額報酬などの費用がかかります。相談料に関してですが、債務整理を専門に取り扱う法律事務所であれば無料なのは当たり前です。それだけ債務整理に関して自身があることと、相談をしやすいように無料にしているので、有料のところは選ばないようにします。着手金とは、任意整理をする金融業者1社あたりにかかる費用です。3万円から5万円が1社あたりの費用相場となっています。借入れしている金融業者が多ければ、それだけ着手金も積み重なっていきますが、任意なので整理する対象を選ぶことができます。そして、減額報酬です。当初の借金額からどれだけ減額をすることができたのか、減額に成功した金額に対して10%程度費用がかかります。任意整理の費用は、法律事務所によって異なりますのでホームページで料金体系を確認できます。

Copyright© 2018 任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】 All Rights Reserved.