任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】

減額にはお金がかかる

六法全書

法テラス制度を利用

任意整理を弁護士に依頼される方の多くは、複数の金融機関からローンを利用されている方が多いです。任意整理をすることによって、弁護士が各債権者と交渉してくれ今後の返済の負担が楽になるように減額や利息カットができるようにしてくれます。お金に困っていて返済が難しいにもかかわらず、任意整理をするには弁護士費用がかかるのです。別に弁護士に依頼しなくても自分で債権者から取引履歴を取り寄せ過払い金を計算し、減額交渉を行うということはできます。その方が費用はかかりませんが、すべての手続きを自分一人で行うことは困難であり、1社ずつ交渉をしていかなければならない労力を考えると弁護士に依頼をしたほうがよいのです。しかし、弁護士に依頼する費用がない、捻出するのが難しい場合ですが、法テラスを利用する方法があります。法テラスに相談をすることで、民事法律扶助制度を利用することができます。弁護士に相談をしたいけれど、弁護士費用がどうしても準備することができずに相談ができない方向けの制度であり、相談者の所得制限はありますが費用を一部扶助してもらえる制度です。任意整理完了後の費用の支払いも分割で支払うことができるので費用を抑えることができます。注意しなければならない点としては、法テラスに相談をしに行って紹介された弁護士が必ずしも任意整理に詳しいわけではないのです。自分で弁護士を探してきて、法テラスの制度が利用できるか確認することもできます。

Copyright© 2018 任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】 All Rights Reserved.