任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】

弁護士によって違いがある

握手

分割払いの際には相談を

債務整理の費用を支払う際には一括で多額の金額を払う心配はありません。多くの弁護士事務所では、支払える金額に応じて分割払いに応じてもらえます。さらに、弁護士などに債務整理を依頼した月から借金の返済義務が一時的に止まります。もちろん債務整理の手続きが全て終わり、新たに立てた返済計画に沿って返して行かなければいけませんが、手続きの間は一時敵に支払いはストップします。そのため、弁護士への費用を支払いやすくなります。任意整理を弁護士に依頼した際の費用は着手金が約2万〜5万円になります。そこから成功報酬に約2万〜5万円、そして過払い金があった場合には減額報酬として、減額に成功した額の1割〜2割を支払う形になります。こちらの相場は依頼する弁護士や債務者の借金総額によって異なるので注意してください。任意整理を弁護士に依頼した際に支払う費用の分割払いにおける、返済期間はおよそ3年以内となっています。この期間には減額された借金の返済期間も含まれています。支払いが困難に感じるかも知れませんが、任意整理を行った場合は弁護士費用の支払い額も含んだ返済計画書を作成する為、安定した収入があれば問題ありません。しかし、これはあくまでも任意整理内で収まる負債額の場合に限ります。もし、3年以上に渡って返済が続きそうな場合には個人再生や自己破産の手続きを行う事も検討しましょう。一度弁護士の無料相談等を利用し、完済までの期間の目安を計算してもらう事もオススメです。

Copyright© 2018 任意整理にかかる費用をチェックしよう【督促をストップさせる】 All Rights Reserved.